ZIPANGU フロントへ 日本の色(伝統色)見本


 「なつは よる

☆ 日頃、お洋服や小物をお買い求めになる際の参考になさって下さい。 ☆

日本の色(伝統色)の配色と円環表()
上の配色は、下の日本の色(伝統色)見本 (サンプル) から抽出、
「紅」、「山吹」、「刈安」、「緑」、「縹」、「藍」、「紫」、「紅」の順に並べたものです。
自然界の虹の色順 は、半円の上から 「赤」・「橙」・「黄」・「緑」・「青」・「藍」・「紫」 の7色になります。
紅からスタートして、紅で終了しています。紫から紅の色合いを除くと、虹色の配色順になります。
色環は、それを繋いだものになっています。
色は隣同士がよりお友達度? (色合い) が近くなっています。

右の色環は、各色、180度の位置が 「補色関係」 になります。 尚、「補色とグラデーション」 はこちらで。
洋服、小物などのベースカラーに対して、その中に補色を使用する事で、コントラストが非常に強調されます。

下の色見本 (サンプル) の順番も虹の色順にしています。 更に、各々の色系統の順番も同様です。
例えば、赤系は紫味の赤からスタートして黄味の赤の配列になっています。
無彩色につきましては、順序は無視なさって下さい。
無彩色系の中に色彩理論の白から黒への無彩色のみではなく、黒っぽく見える有彩色を一部入れています。

それでは、日本の文献に記されている少なくても1400年間に渡る、日本文化の色 (伝統色) をご覧下さい。

☆ 色目 ・色名の読みは、見本色 (サンプル色) に マウス-ポイント をお乗せ下さい。
   色名の誕生時代も確認できます。

<赤系 日本の色(伝統色)見本> red 現代 red

えんじ 顔料、染料名として奈良時代臙脂あかね 染料名として奈良時代くれない 奈良時代あさひ 奈良時代浅緋あかいろ 奈良時代赤色
たんしゃ 顔料名として飛鳥時代以前辰砂あらぞめ 平安時代退紅おうたん 顔料名として飛鳥時代以前黄丹ひ・あか 飛鳥時代以前 太古えんたん 顔料名として飛鳥時代以前鉛丹
しゅいろ 顔料名として奈良時代以前朱色しょうじょうひ 室町時代猩々緋そひ 奈良時代蘇比つつじ 平安時代躑躅ももいろ 江戸時代桃色
こうばい 平安時代紅梅なでしこ 平安時代撫子うすこうばい 平安時代薄紅梅さくら 平安時代いっこんぞめ 平安時代一斤染

<黄系 日本の色(伝統色)見本> yellow 現代 yellow

かきそいろ 鎌倉時代柿衣色らんちゃ 室町時代蘭茶えどちゃ 江戸時代江戸茶こうろぜん 平安時代黄櫨染ろこうちゃ 江戸時代路考茶
だんじゅうろうちゃ 江戸時代団十郎茶しかんちゃ 江戸時代芝翫茶きつるばみ 奈良時代黄橡くりいろ 室町時代栗色りかんちゃ 江戸時代璃寛茶
はだいろ 現代肌色あかくちば 平安時代赤朽葉くちば 平安時代朽葉やまぶき 平安時代山吹うこん 江戸時代鬱金
くちなし 平安時代支子はじ 平安時代とうおう 顔料名として奈良時代藤黄うめぞめ 室町時代梅染こうぞめ 平安時代香染
とりのこいろ 室町時代鳥子色りきゅうしろちゃ 江戸時代利休白茶きはだ 平安時代黄檗りきゅうちゃ 江戸時代利休茶くわぞめ 奈良時代桑染

<緑系 日本の色(伝統色)見本> green 現代 green

かりやす 平安時代刈安ひわちゃ 江戸時代鶸茶きくじん 平安時代麹塵きみどり 明治時代黄緑もえぎ 平安時代萌木萌葱
やなぎいろ 平安時代柳色こけいろ 江戸時代苔色くさいろ 明治時代草色わかばいろ 平安時代若葉色あさみどり 飛鳥時代浅緑
みどり 飛鳥時代 太古は、あおふかがわねず 江戸時代深川鼠びゃくろく 顔料名として奈良時代以前白緑ときわ 平安時代常磐ふかみどり 飛鳥時代深緑
みる 平安時代海松とくさ 平安時代木賊せいじ・ひそくいろ 平安時代青磁秘色ろくしょう 顔料名として奈良時代以前緑青あおたけ 江戸時代青竹

<青系 日本の色(伝統色)見本> blue 現代 blue

しんばしいろ 明治時代新橋色鉄紺 江戸後期〜明治時代鉄紺かめのぞき 江戸時代瓶覗みずいろ 平安時代水色そらいろ 平安時代空色
みずあさぎ 江戸時代水浅葱あさぎ 平安時代浅葱なんどいろ 江戸時代納戸色つゆくさ 江戸時代 奈良時代は花色露草ききょう 平安時代桔梗
しおん 平安時代紫苑るりこん 江戸時代瑠璃紺ぐんじょう 現代群青はなだ 飛鳥時代こんじょう 飛鳥時代紺青
あさはなだ 飛鳥時代浅縹あい 染料名としては飛鳥時代以前から色名としては江戸時代ふかはなだ・こん 飛鳥時代ふたあい 平安時代二藍ふかはなだ 飛鳥時代深縹

<紫系 日本の色(伝統色)見本> violet 現代 violet

ふじねず 江戸時代藤鼠なすこん 明治時代茄子紺しこん 明治時代紫紺あおむらさき 平安時代青紫おうち 奈良時代楝色
すみれ 明治時代菫色ふじ 平安時代藤色えどむらさき 江戸時代江戸紫きょうむらさき 江戸時代京紫ふかむらさき 飛鳥時代深紫
むらさき 平安時代のなかむらさきこだいむらさき 明治時代古代紫はしたいろ 平安時代半色うすいろ 平安時代淡色こきいろ 平安時代濃色
けしむらさき 奈良時代減紫あさむらさき 飛鳥時代浅紫ふかひ 奈良時代深緋すおう 奈良時代蘇芳えびいろ 江戸時代海老色

<無彩色系 日本の色(伝統色)見本> black 現代 black

えんぱく 顔料名として飛鳥時代以前鉛白しろむく 絹の白色名 無垢は無地の意白無垢ぎんねず 江戸時代銀鼠えどねず 江戸時代江戸鼠うすずみ 平安時代薄墨色
うめねず 江戸時代梅鼠くるみぞめ 奈良時代胡桃染すすたけ 室町時代煤竹えび 奈良時代葡萄ぶどうねず 江戸時代葡萄鼠
かちいろ 平安時代褐色くろねず 江戸時代黒鼠けしむらさき 奈良時代滅紫こびちゃ 江戸時代媚茶うぐいすねず 江戸時代鶯茶
せんざいちゃ 江戸時代千歳茶あいねず 江戸時代藍鼠さびねず 江戸時代錆鼠あおにび 平安時代青鈍柴と書いてふしぞめ 奈良時代柴染
りきゅうねず 江戸時代利休鼠にびいろ 平安時代鈍色はりぞめ 奈良時代秦染つるばみぞめ 奈良時代橡染すみ 書画用色 飛鳥時代以前 染め色は、すみぞめ 奈良時代


★ 尚、red yellow green blue violet black はマンセル色環表等による基本色です。

☆ 日本の色誕生 から飛鳥、奈良、平安時代までの色名の歴史 は、「日本の色(伝統色)」 をご覧下さい。
☆ みやびな世に創造された重色目 ( 2〜3枚の布での色表現) は、「襲色目と重色目」 でご覧頂けます。
☆ みやびな世の十二単の襲色目 (布の配色組合せの色表現) は、「続 襲色目と重色目」 でご覧下さい。

☆ 上にある、日本の色 (伝統色) 見本は、顔料 (絵の具) と明治〜現代色を除き、全て、草木を染料として
   布(主に絹)に染められた色名です。現在は、明治の中頃に導入された化学染料で布に色出ししています。
   逆に考えますと、それ以前長時間に渡り、日本の色 (伝統色) は、植物を原料として染色していた事に。
   従いまして、indigo deep blue で無く藍、brown で無く茶、grey で無く灰。この3色がメンズスーツ基本色。
   日本の色 (伝統色) は、当たり前ですが、日本語になります。例えば、ネービーブルーは米海軍制服色。
   メンズと違い、レディースは、たくさんの色数がありますので、幸せです。最後の色選択は、「好き・嫌い」。

★ 悠久と流れ続けた・続けている 「日本文化の色」 の数々をご堪能頂けましたでしょうか?
   日本の色は、基本的には 「顔料」 色を除き、
   「染料」 色は、すべて自然の野 ・山 ・庭に存在する 「草木花」 を原料とした 「草木染め」 になります。
   従いまして、草木染めカラーは、どぎつい色でも何処か 「優しく」 寒色系の色でも何処か 「温かい」 感じ。
   染色する為に、花を折ったり草木を倒したりして結果的には地球に優しく生き物に冷たい感が有ります。
   しかし、有史以来、有機系の食物で 「人間」 は生存してきた訳ですから、少し釈然としませんが・・・・・。
   草木染めカラーの日本の色 (伝統色) は、ほほ、ほんのり、わたくしたちの 「五感」 を和ませてくれます。

<おシャレ度アップの簡単アドバイス>

全ての基本・・・・・アウター (一番上に着用するアイテム) は、ご自分の 「お好き」 な色に。

▽ 清楚な貴女へ

インナーは白。又は、アウターと同色系のグラデーション色。
同色系のグラデーション色選択のポイント・・・赤系の色でも、紫味〜黄味色を間違えず、同じ味色の濃淡で。
ここを間違えると、とっても野暮っぽくなり、おシャレ度ダウン、回りの皆さんに、ちっともアピールできません。

▽ 少しだけ、彼を振り向かせたい貴女へ

インナーは白。又は、アウターと同色系のグラデーション色。ここまでは一緒です。
インナーのベース色の中に、5%〜30%の補色を使用する。 (%は彼の振り向かせ度です。)
%数字は、アウターから覗いている面積に対する比になります。
アウターデザインにより彼から見える分量が異なりますので、ご注意下さい。
覗いている部分の色出しは、何でも O.K.。 織り柄、プリント、刺繍、アクセサリー、小物 等々。

▽ やや、お洒落に自信がある貴女へ

貴女は、多分、ご自分のお好きな色がある筈です。
服は勿論、アクセサリー ・小物までコーディネートされていると思います。
但し、ファッション誌のカラーコーディネートの模倣だけですと、貴女の個性が存在しません。
もう一度、鏡に映った貴女を、よーくご覧になって下さい。
もっと素敵な貴女だけの貴女を捜してみませんか。 きっと、新たな展開が開けると思います。


▲ 続きは、又、後日にいたします。日本の色 (伝統色) も順次増やします。 お楽しみに・・・。

★ 日本の色(伝統色)見本は下記の方々を参考にさせて頂きました。

   「草木染日本色名事典」 山崎青樹著      「日本の伝統色 色の小辞典」  福田邦夫著
   「色 ・彩色の日本史」長崎盛輝著      「日本の色辞典」吉岡幸男著

        



慈 汎 倶 フロントへ

Copyright © 2006〜 ZIPANGU Co.,Ltd. All rights reserved.